ヘルプ

カプラのラグマスギルド管理は、Discordとの連携でラグマスのギルドをもっと楽しむためのサービスです。

導入手順

導入には2ステップの手順が必要です。

  1. Discordへのボットの追加
  2. カプラのラグマスギルド管理への情報登録

登録はDiscord管理者の方がしてください。

Discordにボットを導入

ボット招待からDiscordにボットを導入します。

カプラのラグマスギルド管理への情報登録

ユーザー登録からユーザー登録します。
登録にはメールアドレスの認証が必要です。認証メールアドレスをタップしてください。

Discord情報を入力

DiscordのギルドIDとチャンネルIDを、カプラのラグマスギルド管理へ登録します。
DiscordのIDを取得するには、設定から開発者モードへの変更が必要です。

DiscordサーバーIDの登録

DiscordのサーバーIDコピー

DiscordチャンネルIDの登録

DiscordチャンネルIDのコピー

Discordユーザー名の登録

Discordユーザー名を登録

設定に必要なのは、DiscordのギルドIDチャンネルIDユーザー名です。
設定をするとDiscordのボットと連携ができます。

ボットの使い方

Discordチャンネルに登録したボットに「ヘルプ」と話かけてください。
ヘルプをボットが教えてくれます。

ボットからメンバー情報更新

Discordのボットに話しかけて、カプラのラグマスギルド管理の情報更新できます。
例:「レベル 99」とボットに話しかけるとレベル情報を更新します。

ボットからイベントの出欠登録

GvGのスケジュール登録と、ギルドメンバーの出欠登録や閲覧が可能です。
例:「参加」とボットに話しかけると、登録された最新イベントへの参加情報を更新します。

活用方法

カプラのラグマスギルド管理の活用方法をご紹介します。

目的ごとにDiscordチャンネルを複数持つ

役割でDiscordのチャンネルを分けての運用をオススメします。チャンネルごとにカプラのラグマスギルド管理のイベントを設定してください。
例えば、以下のチャンネルです。

  • GvGチャンネル
  • 金策チャンネル

Discordチャンネルを分けることで、目的別にメンバーの出欠が可能になります。
ギルド運用がスムーズになります。

CSVエクスポート

カプラのラグマスギルド管理では、イベント参加者のCSV形式でエクスポート機能を提供しています。
CSVはExcelやスプレッドシートで編集する用途を想定しています。

特にカスタムCSVのエクスポートはGvGを想定しています。
カスタムCSVではGvGを想定したパーティーがCSVに反映されます。ぜひご活用ください。